スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張帰り

2008年09月06日 00:12

今日は出張です。
朝4時半におきて5時の小田急線に乗り新幹線に乗り換えてで京都まで・・・。
一人の出張って結構好きなんっすよね。
まぁお客さんとのやり取りがあるんでね、行く時は結構あれこれ考えること多いけど、とりあえず客先との話が済んじゃえば帰りはゆっくり一人の時間が持てるっつーわけでね。
なかなか家でも会社でも一人すごすこと出来ないし、ひと仕事終えて車中で酒飲みながらゆっくり本読んだりするのは、サラリーマンの至福の時間ですよね。
でっ今日も客先を出た後新幹線で帰るときに読んだ本ですが、先日から読みかけだった萩原浩の「誘拐ラプソディー」を最後まで読みきりました。
これ良いです。ホント笑えて泣けます!途中でだいたい結末の予測はつきますがそれでも泣けます。
萩原浩の本はいろんなジャンルにわたってるけどまず外さない作家の一人です。是非読んでみてってお奨めの作家ですね。


でっ読みきっちゃったので次に先日買っておいて、次読む本としてカバンに入れてた原宏一の「床下仙人」を読み始めました。
本屋さんのイチオシコーナーに置いてあってね、セールスコピーが「これを面白くないというなら薦める本はありません」というものでした。
「へぇ~面白そう」って感じで、んじゃためしに読んでみっかなって思って買って見た本です。
際読んでみると私的には正直なところ「つまんねぇ~」でした。
なんか風刺を効かせてるつもりで書いてるのですが、正直私の感性には響かないっていうか、まぁ極端な話俺でも書けんじゃねぇ~って感じ・・・・すいません言い過ぎました。 
あくまで私の感性の話ですのでね、感動したり、深く感じ入ったりする人もいると思うし否定はしないですよ。
まぁこういうのが好きな人もいるでしょうし悪く言うつもりは無いんっすけど・・・
やっぱ第一線の売れ筋とは違いますね~。作家本人は満足してるのか知んないけどね、ちょっとユーモアといいシリアスさといいね、違うだろ~っていう感じで僕には響かなかったっす。
すいません原さんファンの読者の方、悪口言うつもりは無いんですが、勝手な言い分ですけど、僕にはちょっと面白さわかんないっす。
で結局途中で読むのやめてこの文書いてます・・・
ちょっと酔ってるかなぁ~!  いや大分酔ってかもしんない・・・・・。
たべっ子さんのリクエストにお答えしてお土産買いましたよ~!
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。