スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさって・・何よ? ヤサシイか・・この俺が?

2008年11月19日 01:05

たまにこんな俺でも人から「優しい」といわれることがある。しかも此処最近立て続けに数人から言われた。
これまで思ったこともなかったが、あらためて「ヤサシイ?・・・」えっ俺がか??? 

「まぁそれほど冷たい奴でもないかなぁ」と自負はするものの、とりたてて「優しい~!」と言われる程でもないと思うのだが・・、やはりこれは一種の[社交辞令]というか[お愛想][お世辞]のたぐいなのだろうか?

そもそも「優しい」とはどんなことを指すのだろうか?優しさの定義というか「優しさとは何ぞや?」、ってことで今回は書いてみちゃおうと思ったりするわけです。(ホントヤボったいテーマであるとは思うのだが・・・)。今日のお題は「優しさ」です。

優しい・・・簡単な例で言うと、転んだ人や傷ついた人に手を差し伸べてあげる。ってのは確かに優しいということなのだろうとは思う。  けどね、ただその行為の基にあるものが「可愛そう」という感情に立ってのことであったならば、相手に対して自分の優位性を示て、相手を下に見た上での「憐れみ」になってなちゃってないかい?
もしくは相手に対してのいたわりではなく、自己満足として人に「やさしい人間でありたい」という自分の欲求の現れになってないかな?
人から「憐れ」と思われて喜ぶ人もいないと思うし、むしろ腹が立つ人の方が多いのでは?とひねくれて考えてしまうのは俺だけなのかな。
あくまで相手の立場、気持ちになった上で自然と現れる行動、相手を蔑んだり、憐れんだりすることなく、何の打算もなく、自己満足のためでもなく、自然に湧き出る無償の行動・・・つっても、どう言ったらいいか自分でも上手く言い表せないのですが。


優しさイコール人に対しての思いやりあだとした場合ですが、僕がどんな時に他人を助けてあげたいと思う気になるか? というと、誰かが「もうこれ以上進めない」、「自分ではもうどうしようも出来ない」と助けを僕に求めてきたとしたならば、たぶん出来る限りのことはすると思うんですよね。
でも、その人が自分でどうにかしようと思っている限りはきっと手は出さないし、知らん顔してるんじゃないかな~、たぶん。もし自分だったら、いらんお節介受けたくないもの。

それとよく言われてるのが、相手のために冷たく突き放すっていう事あるじゃない、あれって確かに必要なことだよね、相手のことを思ってあえて助けないってことあるよね。
でもねそれってある程度見極めてあげないとね、強い人ばかりじゃないし、こっちの感覚で「これくらいの事」って思ってても相手にとっては生死に関わる場合もあるしね、問題の大きさなんて当人次第なんだからね、あんまり強くなってもらおうと思いすぎるのもね・・・・。

あとさ、たとえば自分を捨ててる人たとえばね、世捨て人というかホームレスのおっちゃんとかね、倒れてしまった人だけど手を貸そうって気にならないでしょ。
優しさって相手を選ぶものなの?って言われるかもしれないけどね、 実際はそうだよ、相手選ぶもんだよ。
まぁこの場合は本人達も望んでないんだろうしね。
優しさってのは、やっぱ相手が必要としている時に無償で無垢な気持ちで手を貸してあげることなんじゃないのかな。


相手に何かほどこすんなんてとてもおこがましいというか、そこまで自分は上の人間かよってことですよね。相手にしてみりゃ大きなお世話って事だし。これは国同士でも同じことが言えるわけでね、世界平和のためのリーダーだか何か知らんけど、イイカッコしてよその国のいざこざにまでわざわざ口を突っ込んで、さらにこじれさせちゃってね。あげくに辞~めた、知~らない、ってかんじでね。・・・ちょっと話が逸れちゃったね。


話し飛ぶけど、例えば「重そうなかばんを持ってやる」「ドアを開けてあげて、先に通してあげる」
これは優しさって言うより相手に対しての気遣いでしょ、普通のことなんだろ~ね。
俺は出来ないけどさ、何かこういうのってムズムズしちゃうんだよね。
「ドアくらい自分ェで開けろ、手が付いてんだろ!」って思っちゃうんだよね。


あとね、俺だけに助けを求めるのならばトコトン助けたいけど、その他大勢に同じ助けを求めてるならば、「俺じゃなくて他の人にすがりなよ、俺は知らん」ってケツの穴の小さい男でもあるな、俺って・・・。


俺の思う優しさってのは、精一杯頑張ってる人には協力してあげる。
起き上がれない人は起こしてあげる。だけど傷は自分でリハビリしてなおしなさい、協力はするけどね。
一人ではどうしようもない時は、一緒に怒ってあげる、一緒に笑ってあげる、一緒に殴られてあげる、一緒に飲んであげる、一緒に泣いてあげる。

ただしね俺が自分自身でね、ホントに優しくないっていうのは・・「自分を捨ててまで相手のことを思えない」ってこと、「自分を無くしてまで全てを放り出して相手に優しくはして上げられない」。ドラマの主人公でもないしね、やっぱ現実を生きてる身としてはね、無理なんじゃないか思うんだよね。そう考えると結構冷たい奴かもしんないのかな?

あと、俺って鈍感な奴なんでね、言葉で言ってくれないと判らないいんすっよね、、無言で見つめあっただけで相手のことを、さっしてあげられるほど気が利いた人間じゃないでんすよね。
「だからダメなのよ」って女房には良く言われますが・・・・。
う~ん、毎度の事ながら酔って更新書き込みするとろくな文章でないというか、話がとっちらかってるなぁ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazz24.blog33.fc2.com/tb.php/16-0b7adae3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。